パソコンなくても複合機を使える価値あり

複合機というのはプリンターとコピー機とスキャナーの3つの機能を1台の機器にまとめた複合的な機器のことです。これは元々はオフィス用が先に普及しましたが、現在ではそれを小型安価にした家庭用の普及が目覚ましく発展中です。この機器はもちろんプリンターとしての機能がメインでありますので、パソコンを使用している人がほとんどの購入者となっています。しかし今の機器はパソコンがなければだめなのかといえばそうでもありません。パソコンがなくてもそれを使える価値を見出してくれてます。そのパソコンがなくても使える事例の1番目はコピー機としての価値です。コピーは紙の印刷物を単に増やすだけですからパソコンは必要ありません。詳細な設定は機器自体に設置されているタッチ式画面で行えるようになっています。次に今の複合機にはUSBメモリーやSDカードが挿入できる端子があります。そこにこれらのメモリーカードを挿入し、印刷したいファイルを指定するとそれを印刷してくれます。つまりカードにデジタルカメラなどで写真撮影したファイルを保存しておくことで、いちいちパソコンを介さなくてもしっかりと写真として印刷してくれることになります。

複合機の料金体系と保守料金の内容

複合機の料金体系は、コピー機本体価格と保守契約に関する保守料金の2種類に分かれています。本体価格というのは、コピー機本体の価格のことを意味しているので、毎月定額の費用が請求書に明記されるため予想がしやすい料金です。しかし、保守料金については、毎月の印刷枚数によって変動するため、予想外の高額な請求がされるケースも少なくありません。この保守料金の呼び名は、「カウンター料金」とか「スポット料金」といった色々な呼び名があります。ただ、結局のところ保守料金はコピー機を使うことによって発生する費用のことを示しており、コピー機を使い続ける限り発生し続けるランニングコストです。本体料金と保守料金は基本的に同時期に請求されるものなので、区別があいまいになりがちですが、コピー機を利用する際には、その違いについて知っておくことも大切なことです。

複合機は一家に一台欲しい

複合機というのは、コピーやファックスその他の機能がついている機器のことで、会社でよく使われています。とても便利で、書類をつくったりまとめたりするときにはなくてはならない存在です。これは家庭にあっても役に立ちます。幼稚園の役員になったときには、自分で書類を作成することも増えます。そのときに複合機があれば書類作りも楽々こなせます。大量コピーも応用コピーもカラーコピーも全部機械がやってくれるのですごく助かります。子供の写真を印刷したいときにも大活躍してくれます。パソコンとも繋げることができるし、SDカード対応のものなら携帯にささっていたSDカードを抜いてさせば簡単に写真を印刷することができてしまいます。主婦、ママ目線でも使いやすさで一家に一台おくお宅も増えてきました。そのほかにも使える機能が盛りだくさんなので是非活用してください。

国内有名メーカーのコピー機のリース料金を一括でご案内! 移転や新設で複合機の導入をお考えなた、オフィス家具セットがおすすめ! 忙しくて見積り依頼に時間をかけたくないお客様は、ぜひ一括見積もりへ! コピー機導入時のパソコン設定もおまかせください。 メーカー公認の販売代理店ですので、安心しておまかせください! お客様の会社に最適な複合機をご提案をいたします! 販売実績豊富!メーカー公認の複合機見積りならこちら